こしょうけん
古松研

冒頭文

先日(こなひだ)硯と阿波侯についての話しを書いたが、姫路藩にも硯について逸話が一つある。藩の家老職に河合寸翁(かはひすんをう)といふ男があつて、頼山陽と硯とが大好きなので聞えてゐた。 頼山陽を硯に比べたら、あの通りの慷慨家(かうがいか)だけに、ぷり〳〵憤(おこ)り出すかも知れないが、実際の事を言ふと、河合寸翁は山陽よりもまだ硯の方が好きだつたらしい。珍しい硯を百面以上も集めて、百硯(けん

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻9 骨董
  • 作品社
  • 1991(平成3)年11月25日