あたい

冒頭文

大阪に大国柏斎といふ釜師の老人が居る。若い彫塑家大国貞蔵氏の父で、釜師としての伎倆は、まづ当代独歩といつて差支へあるまい。伎倆のすぐれてゐる割合に、その名前があまり世間に聞えてゐないのを惜しがつた知合の誰彼が、 『大阪にくすぶつてゐたのではしようがあるまい。いつそ思ひきつて東京へ出てみたらどうだらう。名前を売るには便宜が多からうと思ふが……』 といつて、勧めたことがあつた。すると、柏斎

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆39 藝
  • 作品社
  • 1986(昭和61)年1月25日