「べっきょ」について
「別居」について

冒頭文

一 私と、辻との間に「別居」という話が持ち出されたのは、この頃の事ではないのです。ちょうど、一年あまりになります。 私の今までの五年間の家庭生活というものは、私自身にとっては非常に無理なものでございました。それは私達二人きりで作った家庭でなかったということをいえば、本当に世間並な、因習と情実をもった「家」だということを、解って頂けることと存じます。たとえ家族の人達は、どれほど寛大で

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻84 女心
  • 作品社
  • 1998(平成10)年2月25日