にれのいえ
楡の家

冒頭文

第一部 一九二六年九月七日、O村にて 菜穂子、 私はこの日記をお前にいつか読んで貰うために書いておこうと思う。私が死んでから何年か立って、どうしたのかこの頃ちっとも私と口を利(き)こうとはしないお前にも、もっと打ちとけて話しておけばよかったろうと思う時が来るだろう。そんな折のために、この日記を書いておいてやりたいのだ。そういう折に思いがけなくこの日記がお前の手に入るように

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 堀辰雄集 新潮日本文学16
  • 新潮社
  • 1969(昭和44)年11月12日