おふくろ
おふくろ

冒頭文

わたしはからくりめがねの夢になってしまふたのです 紺の筒袖と色黒ばばさんと 暗いカンテラと お寺の甃石と 緋の着物に紅繻子の帯を締めた子娘と さうして五厘の笛と 唐獅子と わたしはお母さんに抱かれて居たいのです 風船玉が逃げぬやうにぢっと握ってゐたいのです (銭村五郎) 前吉は家へ帰って来ると、老眼鏡を懸けて新聞を読んでゐる、おふくろの肩を小突いた。と、力が余って、おふ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 普及版 原民喜全集第一巻
  • 芳賀書店
  • 1966(昭和41)年2月15日