かのうざん
鹿野山

冒頭文

一 鹿野山二十咏 大正二年の夏、上總の鹿野山に遊びて、鹿野山二十詠を作る。これ歌に非ず、三十一文字の案内記也。 一  八尾(やを)八作(やさく)八峯(やみね)八つ塚大杉の森の中なる大伽藍哉 二  上總にて第一と聞く大寺の由來は古し聖徳太子 三  本堂の後ろの箱にとぐろ卷く大蛇(をろち)は左甚五郎の作 四  山頂の平地ぞ世には類ひなき西は上町(うはまち)ひがし下町 五  山頂の東

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 桂月全集 第二卷 紀行一
  • 興文社内桂月全集刊行會
  • 1922(大正11)年7月9日