さくらさくしま みしらぬせかい
桜さく島 見知らぬ世界

冒頭文

路(みち) 青(あを)い野原(のはら)のなかを、白(しろ)い路(みち)がながく〳〵つヾいた。 母(はヽ)とも姉(あね)とも乳母(うば)とも、いまはおぼえもない。 おぶさつたその女(をんな)が泣(な)くので、私(わたし)もさそはれてわけはしらずに、ほろ〳〵泣(な)いてゐた。 女(をんな)の肩(かた)に頬(ほヽ)をよせると、キモノの花模様(はなもやう)が涙(なみだ)のなかに咲(さ)いたり蕾(つ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 桜さく島 見知らぬ世界
  • 洛陽堂
  • 1912(明治45)年4月24日