さくらさくしま はるのかはたれ
桜さく島 春のかはたれ

冒頭文

[#ここから手書き文字] 暮れゆく春のかなしさは 歌ふをきけや爪弾の 「おもひきれとは死ねとの謎か 死ぬりや野山の土となる」 [#ここで手書き文字終わり] 隅田川(すみだがは) 「春信(はるのぶ)」の 女(をんな)の髪(かみ)をすべりたる 黄楊(つげ)の小櫛(おぐし)か 月(つき)の影(かげ)。 「どうせ売(う)られる身(み)ぢやほどに 静(しづ)か

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 桜咲く島 春のかはたれ
  • 洛陽堂
  • 1912(明治45)年2月24日