きょうふのきせつ
恐怖の季節

冒頭文

大インテリ作家 「演劇に関するエッセイを書いてください」 「おことわりします。演劇について論評したりする興味を失っていますから」 「それなら、文化や文芸などについてのエッセイはどうですか?」 「しかし、つまらんですよ、私の書くものなど。私は、単純な言いかたでしかモノの言えない人間です。今の雑誌などでは、単純なわかりやすいモノの言いかたをすると、人がバカにしたり、ビックリしたりするでしょうか

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 叢書名著の復興1 恐怖の季節
  • ぺりかん社
  • 1966(昭和41)年12月1日