かわごえやこうき
川越夜行記

冒頭文

裸男以爲へらく、『文明ます〳〵進みて、人はます〳〵柔弱になり行く。都會の少年、殊に然り。遠足も晝間では平凡也。夜間はちと苦しかるべし。そのちと苦しい目にあはせて、心身の鍛錬を圖るも、亦一の功徳ならずや』とて、檄を天下に飛ばして、有志の士を募り、北郊巣鴨驛に相會し、午後七時半を以て、程に上る。同勢すべて百四人也。夜光命も十口坊も、此頃は懷ろが少し温まると共に、身體も膨脹しだしたり。歩くにも、苦しさう

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 桂月全集 第二巻 紀行一
  • 興文社内桂月全集刊行会
  • 1922(大正11)年7月9日