ぎょうこつき 11 おおたからしものせき
行乞記 11 大田から下関

冒頭文

八月廿八日 星晴れの空はうつくしかつた、朝露の道がすが〳〵しい、歩いてゐるうちに六時のサイレンが鳴つた、庵に放つたらかしい(マヽ)おいた樹明君はどうしたか知ら! 駄菓子のお婆さんが、よびとめて駄菓子を下さつた。 山口の農具展覧会行だらう、自転車と自動車とがひつきりなしにやつてくる。 山のみどりのこまやかさ、蜩のしめやかさ。 真長田村——湯ノ口近く——で、後からきた自動車がすつと止まる

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第五巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年11月30日