ぎょうこつき 10 せんざき
行乞記 10 仙崎

冒頭文

八月八日 五時半出立、はつらつとして歩いてゐたら、犬がとびだしてきて吠えたてた、あまりしつこいので拄杖で一撃をくれてやつた、吠える犬はほんとうに臆病だつた。 水声、蝉声、山色こまやかなり、大田へはいつてゆく道はやつぱりよろしい。 十時には秋吉に着いて行乞、さらに近在行乞、財布(ナイフとルビをふるべし)を忘れてきてゐる。 夕立がやつてきた、折よく観音堂で昼寝。 もう萩が咲いてゐる。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第五巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年11月30日