ごちゅうにっき 04 (よん)
其中日記 04 (四)

冒頭文

其中一人として炎天     山頭火 七月十一日 天気明朗、心気も明朗である。 釣瓶縄をすげかへる、私自身が綯うた棕梠縄である、これで当分楽だ、それにしても水は尊い、井戸や清水に注連を張る人々の心を知れ。 百合を活ける、さんらんとしてかゞやいてゐる、野の百合のよそほひを見よ。 椹野川にそうて散歩した、月見草の花ざかりである、途上数句拾うた。 昼食のおかずは焼茄子、おいしかつた

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第五巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年11月30日