ぎょうこつき 08 おおた
行乞記 08 大田

冒頭文

七月十四日 ずゐぶん早く起きて仕度をしたけれど、あれこれと手間取つて七時出立、小郡の街はづれから行乞しはじめる。 大田への道は山にそうてまがり水にそうてまがる、分け入る気分があつてよい、心もかろく身もかろく歩いた。 行乞はまことにむつかしい、自から省みて疚しくない境地へはなか〳〵達せない、三輪空寂はその理想だけれど、せめて乞食根性を脱したい、今日の行乞相は悪くなかつたけれど、第六感が無意

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第五巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年11月30日