ぎょうこつき 07 いさぎょうこつ
行乞記 07 伊佐行乞

冒頭文

六月廿日 (伊佐行乞) 朝あけの道は山の青葉のあざやかさだ、昇る日と共に歩いた。 いつのまにやら道をまちがへてゐたが、——それがかへつてよかつた——山また山、青葉に青葉、分け入るといつた感じだつた、蛙声、水声、虫声、鳥声、そして栗の花、萱の花、茨の花、十薬の花、うつぎの花、——しづかな、しめやかな道だつた。 途中行乞しつゝ、伊佐町へ着いたのは一時過ぎだつた、こゝでまた三時間ばかり行乞して、ど

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第五巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年11月30日