ぎょうこつき 05 むろづみぎょうこつ
行乞記 05 室積行乞

冒頭文

一鉢千家飯          山頭火 □春風の鉢の子一つ □秋風の鉄鉢を持つ 雲の如く行き 水の如く歩み 風の如く去る          一切空 五月十三日 (室積行乞) まだ明けないけれど起きる、まづ日暦を今日の一枚めくり捨てゝから空模様を見る、有明月の明るさが好晴を保證してゐる。 今日はいよ〳〵行乞の旅へ旅立つ日だ。 いろんな事に手間取つて出かけるとき六時のサイレン。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第五巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年11月30日