えんびふくきぞめのき
燕尾服着初めの記

冒頭文

(一) 此れは逗子(づし)の浦曲(うらわ)に住む漁師にて候、吾れいまだ天長節外務大臣の夜会てふものを見ず候ほどに、——と能(のう)がゝりの足どり怪しく明治卅二年十一月三日の夕方のそり〳〵新橋停車場の改札口を出で来れるは、斯く申す小生なり。 懐中には外務大臣子爵青木周蔵、子爵夫人エリサベツトの名を署(しよ)したる一葉(えふ)の夜会招待券を後生大事と風呂敷に包みて入れたり。そも此の招待

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻75 紳士
  • 作品社
  • 1997(平成9)年5月25日