ごちゅうにっき 03 (さん)
其中日記 03 (三)

冒頭文

かうして          山頭火 ここにわたしのかげ 昭和八年三月二十日ヨリ 同年七月十日マデ 三月二十日 初雷。 また雨だ、うそ寒い、何だか陰惨である、しかし庵は物資豊富だ。 春来、客来、物資来だ。 けふもよい手紙は来なかつた。 風がふいて煤がふる、さみしくないことはない。 ちしやにこやしをやる。 樹明君の事が何となく気にかゝる。 野韮、これは一年食べつゞけて

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 山頭火全集 第五巻
  • 春陽堂書店
  • 1986(昭和61)年11月30日