こどもとたび
子供と旅

冒頭文

明治四十四年の元日は上諏訪温泉で迎へた。山の雪に日が光つて、寒い風が肌に染み渡つた。半凍つた湖水には二三日前まで通つて居たといふ小蒸汽船が氷に閉ぢられて居た。 昨夜遅く此処に着いた。温泉の湯壺は階梯を下りて行つたところにあつた。昨夜も今朝も浴して居る客は一人もなかつた。私はつれて行つた取つて十歳になる男の児と戯れながら一緒に其処に長くつかつて居た。 『誰れも沸かす人がなくつて、独り

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆78 育
  • 作品社
  • 1989(平成元)年4月25日