くぎぬきとうきちとりものおぼえがき 02 つゆにさくはな
釘抜藤吉捕物覚書 02 梅雨に咲く花

冒頭文

一 「ちぇっ、朝っぱらから勘弁ならねえ。」 読みさしの黄表紙(きびょうし)を伏せると、勘弁勘次は突っかかるようにこう言って、開けっ放した海老床の腰高(こしだか)越しに戸外(そと)を覗いた。 「御覧なせえ、親分。勘弁ならねえ癩病人(かってえぼう)が通りやすぜ——縁起(えんぎ)でもねえや、ぺっ。」 「金桂鳥(きんけいちょう)は唐(から)の鶏(にわとり)——と。」 町火消の頭、に組

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 一人三人全集Ⅰ時代捕物釘抜藤吉捕物覚書
  • 河出書房新社
  • 1970(昭和45)年1月15日