せいかぞく
聖家族

冒頭文

死があたかも一つの季節を開いたかのようだった。 死人の家への道には、自動車の混雑が次第に増加して行った。そしてそれは、その道幅が狭いために、各々の車は動いている間よりも、停止している間の方が長いくらいにまでなっていた。 それは三月だった。空気はまだ冷たかったが、もうそんなに呼吸しにくくはなかった。いつのまにか、もの好きな群集がそれらの自動車を取り囲んで、そのなかの人達をよく見よ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 昭和文学全集 第6巻
  • 小学館
  • 1988(昭和63)年6月1日