よびことくちぶえ
呼子と口笛

冒頭文

はてしなき議論の後 一九一一・六・一五・TOKYO われらの且(か)つ読み、且つ議論を闘(たたか)はすこと、 しかしてわれらの眼の輝けること、 五十年前の露西亜(ロシヤ)の青年に劣らず。 われらは何を為(な)すべきかを議論す。 されど、誰一人、握りしめたる拳(こぶし)に卓をたたきて、 ‘V NAROD!’と叫び出(い)づるものなし。 われらはわれらの求むるものの何なるか

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の文学 15 石川啄木・正岡子規・高浜虚子
  • 中央公論社
  • 1967(昭和42)年6月5日