こころのすがたのけんきゅう
心の姿の研究

冒頭文

夏の街の恐怖 焼けつくやうな夏の日の下に おびえてぎらつく軌条(れーる)の心。 母親の居睡(ゐねむ)りの膝(ひざ)から辷(すべ)り下りて 肥(ふと)った三歳(みつ)ばかりの男の児(こ)が ちょこ〳〵と電車線路へ歩いて行く。 八百屋(やほや)の店には萎(な)えた野菜。 病院の窓掛(まどかけ)は垂(た)れて動かず。 閉(とざ)された幼稚園の鉄の門の下には 耳の長い白犬が寝そべり、

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の文学 15 石川啄木・正岡子規・高浜虚子
  • 中央公論社
  • 1967(昭和42)年6月5日