けいけんは
経験派

冒頭文

彼は小説家だった。下手な小説家だった。その証拠に実感を尊重しすぎた。 彼は掏摸(すり)の小説を構想した。が、どうも不安なので、掏摸の顔を見たさに、町へ出た。 ところが、一人も掏摸らしい男に出会わなかった。すごすご帰りの電車に乗って、ふと気がつくと、財布がない。掏られていたのだ。彼は悲しむまえに喜んだ。 「これで掏摸の小説が書ける」 彼は飛ぶように家へ帰った。そして机

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本織田作之助全集 第六巻
  • 文泉堂出版
  • 1976(昭和51)年4月25日