ゴッホについて
ゴッホについて

冒頭文

ゴッホの三本の柱 ゴッホの人間及び仕事を支えていた三本の大きな柱として、私は次の三つのものを考えた。これは私がゴッホを好きで彼からの強い影響を受けて来た十代の頃から半ば無意識のうちに掴んで来たものであるが、この春ごろから、いよいよ戯曲に書くために改めて彼のことを考えたり、式場さんその他の研究書を調べたりした結果、さらにハッキリと確認したものである。劇を見てくれる人たちの参考になるかも知れ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 炎の人――ゴッホ小伝――
  • 而立書房
  • 1989(平成元)年10月31日