はつかんばん
初看板

冒頭文

上 ……つらつら考えてみると、こんな商売のくせに私はムッツリしてていったい、平常(ふだん)はあなたもご存じの通りに口が重たいほうなのに、しかもいたってそそっかしい。これはまあどういう生まれつきなんだろうと、ときどき情なくなることがありますが、ほんとにムッツリとそそっかしいんです。いつかも銭湯で帽子(シャッポ)をかぶり、股引をはいたまま、あわや湯槽(ゆぶね)へ入ろうとして評判になったし、裸で涼

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 圓太郎馬車 正岡容寄席小説集
  • 河出文庫、河出書房新社
  • 2007(平成19)年8月20日