ちちをさす くろもんちょうでんしちとりものちょう
乳を刺す 黒門町伝七捕物帳

冒頭文

星灯(とう)ろう 陰暦(いんれき)七月、盛りの夏が過ぎた江戸の町に、初秋の風と共に盂蘭盆(うらぼん)が訪れると、人々の胸には言い合わせたように、亡き人懐かしいほのかな思いと共に、三界万霊などという言葉が浮いてくる。 今宵は江戸名物の、青山百人町(ひゃくにんちょう)の星灯(ほしとう)ろう御上覧のため、将軍家が御寵愛(ごちょうあい)のお光の方共々お成りとあって、界隈(かいわい)はいつも

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 競作 黒門町伝七捕物帳
  • 光文社文庫、光文社
  • 1992(平成4)年2月20日