せきぼくじょうそうぎょうきじ
関牧塲創業記事

冒頭文

創業記事端書 世の中をわたりくらべて今ぞ知る     阿波の鳴門は浪風ぞ無き 予は第二の故郷(こきょう)として徳島に住する事殆んど四十年、為に数十回鳴門を渡りたるも、暴風激浪の為めに苦しめらるる事を記憶せざるなり。然るに今や八十一歳にして既往を回顧する時は、数十回の天災人害は、思い出(いだ)すに於ても粟起(ぞっき)するを覚うる事あり。然れども今日(こんにち)迄無事に生活し居(お)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 命の洗濯
  • 警醒社書店
  • 1912(明治45)年3月12日