ムジナモはっけんものがたり
ムジナモ発見物語り

冒頭文

じつとしていて静かに往時を追懐してみると、次から次に、あの事この事と、いろいろ過去の事件が思い出される、何を言え九十余年の長い歳月のことであれば、そうあるべきである筈なのである。 しかし、ふつうのありふれた事柄は、たとえ実践してきた自身のみには、多少の趣きはあるとしても、他人には別にさほどの興味も与えまいから、そこで私はその思い出すものが、広く中外の学界に対して、いささか反響のあつたこと

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆94 草
  • 作品社
  • 1990(平成2)年8月25日