きれぎれのついおく
きれぎれの追憶

冒頭文

辻野久憲君が亡くなつたのは一九三七年の九月九日である。早いものだ、それからもう十二年になる。 忘れえぬ友といへば、僕の生涯にもはやかなりの数にのぼる。なかでも年少の友の死は一しほ痛々しい。けれどその死者の記憶が、いつまでも鮮らしい傷口を開いてゐるやうな場合は、かならずしも多くはない。辻野君の死が、僕にとつてその稀な場あひの一つだつた。いやそればかりか、傷口は年々謎めいた口をひろげるのであ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆99 哀
  • 作品社
  • 1991(平成3)年1月25日