おうさまとくつや
王さまと靴屋

冒頭文

ある日、王さまはこじきのようなようすをして、ひとりで町へやってゆきました。 町には小さな靴屋(くつや)がいっけんあって、おじいさんがせっせと靴(くつ)をつくっておりました。 王さまは靴屋(くつや)の店にはいって、 「これこれ、じいや、そのほうはなんという名まえか。」 とたずねました。 靴屋(くつや)のじいさんは、そのかたが王さまであるとは知りませんでしたので、

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ごんぎつね 新美南吉童話作品集1
  • てのり文庫、大日本図書
  • 1988(昭和63)年7月8日