しんじゅのくびかざり ――クリスマスのものがたり――
真珠の首飾り ――クリスマスの物語――

冒頭文

Ⅰ さる教養ある家庭で、友人たちがお茶のテーブルをかこみながら、文学談をやっていた。やがて仕組みとか筋とかいった話になる。なぜわが国では、そうした方面がだんだん貧弱でつまらなくなって行くのだろうと、口々に慨歎する。わたしはふっと思い出して、亡くなったピーセムスキイの一風変った意見を披露した。彼によると、そうした文学上の不振は、まず第一に鉄道がふえて来たことと関係がある、けだし鉄道は商業にとっ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 真珠の首飾り 他二篇
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1951(昭和26)年2月10日