かもじのびじゅつか ――はかのうえのものがたり――
かもじの美術家 ――墓のうえの物語――

冒頭文

[#ここから3字下げ、ページの左右中央] 一八六一年二月十九日なる農奴解放 の佳き日の聖なる記念に かれらの魂は至福のうちに休らう。 ——埋葬の歌——      Ⅰ わが国で「美術家」といえば、まずきまって画家や彫刻家のことで、それもアカデミーからこの称号を認可された連中にかぎるというのが、通り相場になっている。ほかの手合いは、てんで美術家あつかいに

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 真珠の首飾り 他二篇
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1951(昭和26)年2月10日