「ほ」・「うら」から「ほがい」へ
「ほ」・「うら」から「ほがひ」へ

冒頭文

ほぐ・ほがふなど言ふ語は、我々の国の文献時代には、既に固定して居たものであつた。だから、当時の用例を集めて、其等に通じた意味を引き出して見たところで、其は固定し変化しきつた不完全な表現を持つたものばかりである。其等の用例に見えた若干づゝの違ひが、段々原義に糶(せ)りつめて行くやうである。 「志ゞま」を守る神の意向は、唯「ほ」によつて表される。その上一旦、「志ゞま」の破れた世になつても、「ほ」を以

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 折口信夫全集 4
  • 中央公論社
  • 1995(平成7)年5月10日