「しじま」から「こととい」へ
「しゞま」から「ことゝひ」へ

冒頭文

われ〳〵の国の宗教の歴史を辿つて、溯(ノボ)りつめた極点は、物言はぬ神の時代である。さうした神の口がほぐれかけて、こゝに信仰上の様式は整ひはじめた。歴史も、文学も、其萌しは此時以後に現れたのである。発生期に於ける日本文学を論じる私の企ても、「神語(カミゴト)」のはじまつた時を発足点としなければならぬ。 神語を以て、なぜ文学の芽生えと見るか。口頭の文章が、一回きりにとほり過ぎる運命から、ある期間の

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 折口信夫全集 4
  • 中央公論社
  • 1995(平成7)年5月10日