しょくどう
食堂

冒頭文

お三輪が東京の方にいる伜(せがれ)の新七からの便りを受取って、浦和の町からちょっと上京しようと思い立つ頃は、震災後満一年にあたる九月一日がまためぐって来た頃であった。お三輪に、彼女が娵(よめ)のお富に、二人の孫に、子守娘に、この家族は震災の当時東京から焼出されて、浦和まで落ちのびて来たものばかりであった。 何となく秋めいた空の色も、最早(もはや)九月のはじめらしい。風も死んだ日で、丁度一

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 嵐・ある女の生涯
  • 新潮文庫、新潮社
  • 1969(昭和44)年2月10日