いちねんせいたちとひよめ
一年生たちとひよめ

冒頭文

学校へいくとちゅうに、大きな池(いけ)がありました。 一年生たちが、朝そこを通りかかりました。 池の中にはひよめが五六っぱ、黒くうかんでおりました。 それをみると一年生たちは、いつものように声をそろえて、 ひイよめ、 ひよめ、 だんごやアるに くウぐウれッ、 とうたいました。 するとひよめは頭からぷくりと水のなかにも

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ごんぎつね 新美南吉童話作品集1
  • てのり文庫、大日本図書
  • 1988(昭和63)年7月8日