おとまり
お泊り

冒頭文

名古屋へ行つた年の夏だから、女学校一年の夏である。 東京へいらしつたお帰りに、すみ子叔母様が名古屋へお立寄りになつた。 そしてお帰りに「千代ちやん一しよに行かない?」とおつしやつた。 「帰りは芳子と一しよに帰ればいゝから……」と云つて下さつたし、神戸のお家でいつかピアノを弾かして頂いたことを思ひ出し、何の気なしに「行く」と云つてしまつた。 ほんの一時の出来心ではあつ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • みの 美しいものになら
  • 四季社
  • 1954(昭和29)年3月30日