けいおうぎじゅくしんぎ
慶応義塾新議

冒頭文

去年の春、我が慶応義塾を開きしに、有志の輩(はい)、四方より集り、数月を出でずして、塾舎百余人の定員すでに満ちて、今年初夏のころよりは、通いに来学せんとする人までも、講堂の狭きゆえをもって断りおれり。よってこのたびはまた、社中申合わせ、汐留(しおどめ)奥平侯の屋鋪(やしき)うちにあきたる長屋を借用し、かりに義塾出張の講堂となし、生徒の人員を限らず、教授の行届くだけ、つとめて初学の人を導かんとするに

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 福沢諭吉教育論集
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1991(平成3)年3月18日