こめ

冒頭文

一 三間竿の重い方の鋤簾(じょれん)を持って行かなければならぬ破目になって、勝は担いでみたが、よろよろとよろめいた。小さい右肩いっぱいに太い竿がどっしりと喰いこんで来て、肩胛骨(けんこうこつ)のあたりがぽきぽきと鳴るような気がする。ばかりでなく二足三足とあるき出すと、鋤簾の先端が左右にかぶりを振って、それにつれて竹竿もこりこりと錐をもむように肩の皮膚をこするのだ。勝は顔中をしかめながら亀の子

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 犬田卯短編集 一
  • 筑波書林
  • 1982(昭和57)年2月15日