ディカーニカきんごうやわ こうへん 03 おそろしきふくしゅう
ディカーニカ近郷夜話 後篇 03 怖ろしき復讐

冒頭文

一 キエフの街はづれで、わいわいと騒々しい物音が聞えてゐる。それは哥薩克の大尉、ゴロベーツィが、息子の婚礼の祝宴を張つてゐるのであつた。大尉の邸へは夥しい来客が詰めかけてゐた。昔は何かといへば鱈腹つめこんだものだ。鱈腹つめこむといふよりは、うんと飲んだものだ。うんと飲むといふよりは、羽目を外してドンチャン騒ぎをやつたものだ。ザポロージェ人のミキートカも栗毛の駒に跨がつて、七日七夜のあひだ、波

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • ディカーニカ近郷夜話 後篇
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1937(昭和12)年9月15日