ディカーニカきんごうやわ ぜんぺん 03 ソロチンツイのヤールマルカ
ディカーニカ近郷夜話 前篇 03 ソロチンツイの定期市

冒頭文

家のなかにゐるのは退屈だ。 ああ、誰か外へつれだしてお呉れ 娘つ子があそび戯れ 若い衆がうろつきまはる 賑かな賑かなところへと! ——古伝説より—— 一 小露西亜の夏の日の夢心地と、その絢爛(きらびやか)さ! 鳩羽いろをした果しない蒼空が、エロチックな穹窿となつて大地の上に身をかがめ、眼に見えぬ腕に佳人を抱きしめながら、うつつをぬかしてまどろむかとも思はれる、静け

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • ディカーニカ近郷夜話 前篇
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1937(昭和12)年7月30日