はるとしゅら だいさんしゅう
春と修羅 第三集

冒頭文

七〇六  村娘 一九二六、五、二、 畑を過ぎる鳥の影 青々ひかる山の稜 雪菜の薹を手にくだき ひばりと川を聴きながら うつつにひととものがたる 七〇九  春 一九二六、五、二、 陽が照って鳥が啼き あちこちの楢の林も、 けむるとき ぎちぎちと鳴る 汚ない掌を、 おれはこれからもつことになる 七一一  水汲み

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 宮沢賢治集全集2
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1986(昭和61)年4月24日