はるとしゅら だいにしゅう
春と修羅 第二集

冒頭文

序 この一巻は わたくしが岩手県花巻の 農学校につとめて居りました四年のうちの 終りの二年の手記から集めたものでございます この四ヶ年はわたくしにとって じつに愉快な明るいものでありました 先輩たち無意識なサラリーマンスユニオンが 近代文明の勃興以来 或いは多少ペテンもあったではありませうが とにかく巨きな効果を示し 絶えざる努力と結束で 獲得しましたその結果 わたくしは

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 宮沢賢治全集1
  • ちくま文庫、筑摩書房
  • 1986(昭和61)年2月26日