ばくまついしんかいこだん 69 うませんもんのちょうこくかのこと
幕末維新懐古談 69 馬専門の彫刻家のこと

冒頭文

そこで、彫刻製作となるのですが、岡倉校長は、主任は高村光雲に命ずるということであり、それから山田鬼斎(きさい)先生を担任とすることになった。すると、ここで一つ主任としての私に問題が起って来たのであります。 それは、何かと申すと、楠公は馬上であるが、馬の産地も分らぬということ……出来上がる大きさはというと、馬上で一丈三尺、馬の鼻から尾の先までが一丈八尺というこの大きな馬をまず自分が手掛けて

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 幕末維新懐古談
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1995(平成7)年1月17日