ばくまついしんかいこだん 62 さたけのはらはんじょうのはなし
幕末維新懐古談 62 佐竹の原繁昌のはなし

冒頭文

下谷(したや)西町(にしまち)で相変らずコツコツと自分の仕事を専念にやっている中に、妙なことで計らず少し突飛(とっぴ)な思い附きで余計な仕事を遊び半分にしたことがあります。これも私の思い出の一つとして記憶にあること故、今日(こんにち)はその事を話しましょう。 その頃(明治十八年の頃)下谷に通称「佐竹原(さたけっぱら)」という大きな原がありました。この原の中へ思い附きで大仏を拵(こしら)え

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 幕末維新懐古談
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1995(平成7)年1月17日