やせがまんのせつ 05 ふくざわせんせいをおもう
瘠我慢の説 05 福沢先生を憶う

冒頭文

左の一篇は木村芥舟翁(きむらかいしゅうおう)の稿(こう)に係(かか)り、時事新報(じじしんぽう)に掲載(けいさい)したるものなり。その文中、瘠我慢(やせがまん)の説(せつ)に関係(かんけい)するものあるを以て、ここに附記(ふき)す。     福沢先生を憶(おも)う 木村芥舟 明治三十四年一月廿五日、予(よ)、先生を三田(みた)の邸(やしき)に訪(と)いしは、午後一時頃なり

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 明治十年丁丑公論・瘠我慢の説
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 1985(昭和60)年3月10日