ばくまついしんかいこだん 52 こうきょごぞうえいのこと、かがみぶち、らんまをほったはなし
幕末維新懐古談 52 皇居御造営の事、鏡縁、欄間を彫ったはなし

冒頭文

御徒町(おかちまち)に転宅(ひっこ)しまして病気も概(あら)かた癒(なお)りました。 その時が明治二十年の秋……まだ本当に元の身体(からだ)には復しませんが仕事には差し閊(つか)えのないほどになった。 すると、その年の十二月、皇居御造営事務局から御用これあるにつき出頭すべしとの御差紙(おさしがみ)が参りました。何んの御用であるか、いずれ何かの御尋ねであろう、出て行けば分ろうと思

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 幕末維新懐古談
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1995(平成7)年1月17日