かにのしょうばい
蟹のしょうばい

冒頭文

蟹(かに)がいろいろ考えたあげく、とこやをはじめました。蟹(かに)の考えとしてはおおできでありました。 ところで、蟹(かに)は、 「とこやというしょうばいは、たいへんひまなものだな。」 と思いました。と申(もう)しますのは、ひとりもお客さんがこないからであります。 そこで、蟹(かに)のとこやさんは、はさみをもって海っぱたにやっていきました。そこにはたこがひるねをしていました

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • ごんぎつね 新美南吉童話作品集1
  • てのり文庫、大日本図書
  • 1988(昭和63)年7月8日