おせん
おせん

冒頭文

虫(むし)    一 「おッとッとッと。そう乗(のり)出(だ)しちゃいけない。垣根(かきね)がやわだ。落着(おちつ)いたり、落着(おちつ)いたり」 「ふふふ。あわててるな若旦那(わかだんな)、あっしよりお前(まえ)さんでげしょう」 「叱(し)ッ、静(しず)かに。——」 「こいつァまるであべこべだ。どっちが宰領(さいりょう)だかわかりゃァしねえ」 が、それでも互(たがい)の声(こえ)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 大衆文学代表作全集 19 邦枝完二集
  • 河出書房
  • 1955(昭和30)年9月